Kenichi Maehashi's Blog

脳内コアダンプ

RSS
Category: Xojo
OpenSSL の Heartbleed 問題に対応した Xojo 2014 Release 1.1 が公開されました。併せていくつかのバグフィックスも入っているようです。
2013r4 or 2014r1 を使用して Windows 向けにアプリをビルドしており、かつ SSL ソケットを利用している場合は、アプリの再ビルド・配布を行う必要があります。

なお、Lyrics Master は Heartbleed 脆弱性による影響を受けないことを確認しています。
Category: Xojo
MacHeist で、Apple Design Award を受賞した Mac アプリ 8 本 ($1,600 以上) を $19.99 で販売する Apple Design Award Bundle キャンペーンが開催されています。(Apple Design Award は、その年に登場した革新的なアプリに Apple が授与する賞です。)
今回このバンドルに Xojo Desktop ライセンスが含まれているのでご紹介します。

Xojo は Lyrics Master の開発にも使用されているクロスプラットフォームの開発環境で、1 本のソースから Mac, Windows, Linux のデスクトップアプリケーションを作成することができます。
また、同じ開発環境で Web アプリの開発も可能なほか、今年中には iPhone / iPad アプリを開発する機能もリリース予定となっています。Web / iOS 開発には別途ライセンスが必要ですが、同じ開発環境と言語が使い回せるので、覚えておいて損はありません。

Xojo Desktop は通常価格 $300 (33,000 円) のため、今回のパッケージはかなりお得。Xojo のライセンスは Windows でも利用できますので、Windows ユーザの方が Xojo だけを目当てに購入してもよいですね。PayPal が使えるのでクレジットカード情報を送信する必要も無く安心です。私も購入しましたが、支払い後すぐにメールでライセンスコードが届きました。

バンドルパッケージの販売期間は残り 1 日です。ぜひチェックしてみてください!
Category: Xojo
Xojo 2014 Release 1 と、新サービス Xojo Cloud が本日リリースされました。

大きな変更点は、待望の 3 項演算子 (If 拡張) の追加。
Dim n As Integer = If(condAsBoolean, 10, 100)
また、Mac App Store の新審査基準に対応する形で、ビルドされたアプリが QuickTime 依存から脱却。QuickTime 関連のクラスが削除されたほか、MoviePlayer が AV Foundation でリライトされています。

Web アプリをワンクリックでデプロイできる Xojo Cloud も今回のリリースでお目見え。「最安プランで月額 $59 くらいかなぁ」と書いていましたが月額 5,500 円からということでおおよそ当たりでした。まぁ、個人で遊ばせておくのは難しいなぁ :P

その他は IDE の速度改善 (2013r4 と比べて体感できるレベルで早くなっています)、オートコンプリートの改善、バグ修正多数などなど。ちなみに、Feedback #31923 など、私の出したバグリポートの修正も数件入っています。
Category: Jubatus
Jubatus の運用を行う際によく欲しくなるツールを jubatus-utils としてまとめて公開しました。

現在、以下の 4 つのコマンドを提供しています。
  • jubafetch: Jubatus のメモリ上に構築された学習モデルを、指定したファイルに保存 (save) / 指定されたファイルから復元 (load) することができます。クラスタ構成の Jubatus に対して一括で save/load することもできます。
  • jubamodel: Jubatus の学習モデルファイル (バイナリ) の内容をダンプして表示します。
  • jubatop: top コマンドのようなインタフェースで Jubatus サーバやクラスタのステータスを表示します。
  • jubacfg: jubaconfig コマンドを使い易くするラッパーコマンドです。
Jubash と併せて、活用していただければと思います。
Category: Xojo
Xojo IDE の undocumented feature ですが、/tmp/XojoIDE に Unix Domain Socket が配置されています。ここにスクリプトを流し込むと、コマンドラインから IDE スクリプトを実行することができます。自動ビルドなどに便利です。
$ cat test.txt
Print "Hello"

$ cat test.txt | nc -U /tmp/XojoIDE